粉川 公一(こかわこういち)

ライセンスカウンセラー

今の悩みや辛さは未来の宝物に変わります
  • 評価

    ★☆☆☆☆ 0.0

  • 相談件数

    0件

  • 無料相談

    7件

  • カウンセリング歴

    20年

  • 最終ログイン

    0日前

  • メッセージ

初めまして。
『あなたの悩みを根本解決し、本来の自分を取り戻す専門家』
心理セラピスト 粉川公一です。

私は物心ついたころより、夫婦仲の悪い環境で育ちました。
そのせいか、高校生の頃まで人と接することが至って苦手な少年で、
・親戚のところへ行っても挨拶すらできない
・初対面の人と話すなんてとんでもない
・学校でのクラス替えの時も新しい友達を自ら作る事ができない
・授業でわかっていても手を挙げる事ができない
・人と話そうとすると意味もなく緊張し赤面する
・常に周りの目が気になる

といった苦しみを抱えながら過ごしていました。

20歳の時、一旦は父親の経営する会社に入りましたが、やはり父親と折り合いがつきませんでした。27歳で独立起業するも1年で廃業、人生初めての負債を抱えることになりました。

この時既に結婚しており、家族を守るため、借金を返すために睡眠時間は1日2〜3時間、昼も夜も仕事を掛け持ちし、必死になって働きました。
その結果、34歳の時無理がたたって持病である喘息の突然の発作により、呼吸停止、「今晩が山です」と身内を集められるくらいの状態に陥りました。
その後なんとか一命を取り留めましたが、お金がないために無理して退院したのがたたり、結局、何度も入退院を繰り返すことになってしまいました。

その後、再度商売を始め、10年ほどは順調で生活も安定し、家を建てることもできました。しかし45歳頃、会社の経営がうまくいかず負債を抱え倒産し、2度目の廃業。
当然家も取られて全てを失い、残ったのは多額の借金のみでした。

この時、長男が専門学校への進学が決まっていたのですが、入学金を納められず断念させてしまいました。
私自身さすがに落ち込み、うつ状態で何度も死を意識するようになっていました。

しかし転機が訪れたのもこの時でした。同じ苦しみを抱えている人達が他にもたくさんいる時代だったので、なんとか自分の人生経験を生かして、そんな人達の力になれないかという想いから心理に興味を持ち、夢中になって様々なセミナーに参加し、書籍を読みあさるようになりました。
そして十数年という月日が流れる中、負債を全て返済し、過去の様々な出来事や困難を受け入れ、現在は対人関係に苦しんでいるクライアント様に寄り添える心理セラピストとして活動しています。

趣味・特技:カラオケ、ギター演奏、スプーン・フォーク曲げ・自然と触れる事