無料カウンセリングに至った経緯ついて

無料カウンセリング

カウンセリング事業を行うジレンマがあります。

それは料金、お金の問題です。

カウンセリングを事業として行う以上は収益を上げなければいけません。
カウンセラー様にも報酬が必要ですしシステムの維持にも費用がかかります。

しかし、カウンセラーを必要とされている方が、
金銭的に余裕がない場合、どうするのかという問題があります。

事業としてみると余裕がある人だけを対象にすれば良いという考えもあります。

しかしそれでは、お金が払えない人は置き去りになってしまいます。


無料でなんとか悩み相談をできないか、

色んな方法を考えましたが、最終的に誰かが経費を負担する形になり、
継続が難しいということになります。

キャンペーンのような形でやっても、社会に対する効果は薄いと考えました。
また、助成金も情報を収集しましたが、継続的でかつ必要な規模のものはありませんでした。

色々悩んだ結果「そうだ、お金で考えるからいけないんだ。」

なにかお金以外の価値を提供してもらえば事業としてない立たないか

ということを思いつきました。

相談者が提供できる、お金のものってなんだろう?

悩みに対してカウンセラーが答えてくれる代わりに、
その内容を公開して、同じ悩みを持つ人に役立ててもらいう事はできないか

これは社会貢献にもなり、

しかも相談者は、無料相談の回答内容でのみで、問題が解決することも考えられます。

また、その結果、カウンセリングが必要だとしても、
各カウンセラーの回答内容を見て、
カウンセラーが自身にあっているかどうか判断する事もできます。
いざカウンセリングを始めるにあたっても予め情報を共有することができ、スムーズに始められます。
カウンセリングがスムーズに進めば、時間も短縮されるので、料金もその分安く済みます。

カウンセラー側からしても、カウンセリングがスムーズなのはもちろん、
突然専門外の相談が来たりする、ミスマッチを防ぐことができます。

相談者に大きなメリットがあり、カウンセラーも運営者も負担が少ない継続可能な形が

投稿型の無料カウンセリング相談なのです。


■無料カウンセリング相談はこちら>>